転職時の面接での上手な回答とは

他にも何社か受けているか

浮気をしているわけではないので、自信を持って答えましょう。

面接先で志望動機を語った後にこの質問をされると、どうしてもここでの採用を希望 していると思われたいあまり、「ありません」と答えてしまう人もいます。 しかし就職活動をしている間も生活費はかかっている訳ですし、転職先企業側の都合で 採用決定までに何週間か時間がかかる事もあります。 ですので転職先として一社に絞っていなく、他の会社を受けていても問題はありません。 それどころか全く受けていないと行動力が足りない、見込みが甘いと思われる事もあります。 一社だけ受けて採用・不採用の結果がでるまでの数週間の間、何もしないでただ待っている だけでは頼りなく思われてしまうのも仕方ないでしょう。生活費で困ったらつなぎのアルバイトも考えましょう。アルバイト探しに大変便利なサイトが数多くあります。希望の勤務期間・時間から検索でき、短期から正社員まで様々な仕事が紹介されています。無料自転車貸し出しなどのサポートもあります。

この質問に対しては、面接官に媚びるような回答をする必要は全くありません。 企業選びに一貫性があるかどうかの方が重要になるでしょう。 他にどのような企業を受けているか聞かれるかもしれませんが、そこで挙げる企業と 面接先の企業との関連性をはっきりと示せれば、面接官も納得するでしょう。 自分の目指すやりたい仕事と企業選びの基準に一貫性を持たせ、アピールをしましょう。 そして他の企業よりも面接企業の方に気持ちは傾いている、その根拠としてこのような魅力が 御社にはあります、とすればさらに効果的でしょう。

ここまできて、どうしても転職活動がうまくいかないのであれば、自分で会社を作るという道もあります。税理士や会計士に相談してみてはいかがでしょうか。手続きから設立後の決算申告まで全てサポートしてくれます。