転職時の面接での上手な回答とは

転職を決めた理由は

退職・転職を考えなしに繰り返してる人は敬遠されるでしょう。

面接に合格して採用後、もし短期間でまた転職されてしまうと、採用する企業側としてはこの人を採用しなければよかった、となります。再び募集するにも求人広告でお金がかかりますし、社員研修にかけた費用はもちろん、始めの数ヶ月は仕事量も給与と釣り合わないからです。採用してしばらくの期間は先行投資の意味合いで給与を出しているので、戦力となる前に退社されるとその投資が全てパーになってしまいます。ですので採用後すぐに退職しそうだと思われたら、まず不採用になるでしょう。そのようなリスクを避ける目的もあり、営業代行・テレアポ代行というものが近年知られるようになってきました。リスクを内に抱えず外に出す流れがあります。求人広告の掲載にもコツがあるようで、このような求人誌への掲載を代行するサービスもあります。

転職理由からその人の仕事に対する姿勢が分かりますので、この質問にはそれを意識した回答をしましょう。新しい事に挑戦したいという姿勢は向上心があると解釈されれば良いのですが、実績を残していなければただの飽き性と思われるだけです。入社後にネガティブになってしまったり、ストレス耐性がないと思われたら不採用になってしまうでしょう。社会人としての経験が浅い人は、下積みが出来たのでその経験を生かして次のステップに挑戦したい、といった向上心をアピールすることで採用企業で活躍してくれるイメージを持たせる事ができ、採用に近づくことができます。挑戦したい気持ちがあふれるようであれば、転職にこだわらずに起業という選択肢もあります。