転職時の面接での上手な回答とは

職歴の説明をして

素直に職歴を説明するだけでは物足りません。

この質問に対しては自分の職歴を伝えるだけでなく、転職先でその職歴を生かせることをアピールする必要があります。面接官は応募者自身や過去の職歴に関心があって質問をしているわけではなく、採用した場合に応募者のキャリアが自社に活かせるかどうかです。単に前職について説明するだけではなく、自分の職歴、経験、培ったノウハウが、転職先でどのように生かせるのかをアピールすることが大切です。つまりどんな立派な職歴を持っていようとも、それがこの会社で活かせないようであればたいした評価はされないということです。ちょっと特殊な業種ですが、キャバクラなど水商売系の職場には、接客術や交渉術などが凝縮されているので、次の職場でも生かせるとアピールできるかもしれません。風俗業界は特有の高給と他業界では得難い経験が得られるのが魅力です。

たとえ異業種からの転職でもそこで培ったものが転職先でどのように貢献できるかを説明し、センスのある人物だと思わせる事が出来ます。アピールの際には具体的な成果や実績も織り交ぜると説得力が向上するでしょう。どのような業務で経験を積んできてスキルを身に付け、それが面接先の企業でどのように活かせるのかをアピールすることが重要となります。アルバイトであれば、短期間に様々な職種を体験することができます。短期間では「経験」とは呼べないかもしれませんが、いろいろな業界の「空気」を感じることはできるでしょう。無料でお店などに置かれているアルバイト情報誌には短期のバイトもたくさん掲載されています。大都市近郊では、やはりアルバイト情報が充実しています。